松井拓夫はふるさと福井のために頑張ります!

ごあいさつ

一人ひとりの議員は議会制民主制のもと県民から選ばれ、それぞれの地域において責任と義務をもち、県民の期待に応えて活動することこそその使命であります。
  各地域を代表するものとして、多くの情報を持ち、その伝達者としての役目を果たさなければなりません。
  現代のような厳しい時代には議員も理事者と一緒に知恵を出し、豊かな県民生活を築き上げるための政策づくりが必要です。
今後も県政への取り組みをご期待、ご支援下さいますようお願い致します。

=勝山左義長へようこそ=

= 香港総領事館大使 兼 総領事 松田邦紀氏をお迎えして =

我が勝山市が誇る県無形民俗文化財である勝山左義長まつりに、香港総領事館大使の松田邦紀氏が視察に来られました。2月26日に「福井と香港の関係の可能性」をテーマに講演をされ、翌27日に「一筆啓上の館」や「丸岡城」そして「勝山左義長祭り」、「永平寺」などを視察されたのです。
  香港は福井市の約2倍の面積に727万人の人口を持ち、富裕層を多く抱える魅力的な都市です。この香港から昨年は152万人を超える観光客が日本を訪れ、一人一泊当たりの消費額は中国人の2倍以上とのことで、この香港からの観光客を福井に足を運んでもらう戦略を図ることは大きなメリットがあります。
  また日本の食品輸出は10年連続で香港が1位です。総領事は福井市出身で、「福井の食材を香港で広く定着するよう協力したい」とおっしゃって下さいました。県もそのパイプを活かし海外での販路開拓を進めていくよう働きかけを進めていきます。

新着情報