松井拓夫はふるさと福井のために頑張ります!

ごあいさつ

一人ひとりの議員は議会制民主制のもと県民から選ばれ、それぞれの地域において責任と義務をもち、県民の期待に応えて活動することこそその使命であります。
  各地域を代表するものとして、多くの情報を持ち、その伝達者としての役目を果たさなければなりません。
  現代のような厳しい時代には議員も理事者と一緒に知恵を出し、豊かな県民生活を築き上げるための政策づくりが必要です。
今後も県政への取り組みをご期待、ご支援下さいますようお願い致します。

卒業を祝う会 = 別れと始まりと =

卒業を祝う会 = 別れと始まりと =
写真を拡大

 卒業式と入学式の季節…。かつやま子どもの村小・中学校の卒業を祝う会に(3月17日)出席しました。このかつやま子どもの村小中学校は廃校になった北谷小学校の校舎に20年前に誕生した、自由で子どもの自主性と体験を重視したユニークな学校です。緑がいっぱいで、小川の水音が聞こえる自然の中で寄宿生活を送ります。
 学園長は勝山市出身の堀真一郎先生です。公立の学校も式典は現代にマッチした新しいスタイルに変化していますが、こちらの学園はなお一段とユニークで、独特な会場の配列、進行などに感心しました。入学式は4月7日(土)です。
 
 堀真一郎学園長のこと
 堀先生は勝山市野向小中学校の同級生です。勉強は少しもしていないのにその優秀さは抜群でした。それでいて皆の先頭に立っていたずらをする、のびのびしたやんちゃ坊主でした。京都大学を卒業して大阪市立大学教授をされました。教育学者ニイルの研究をされ、勝山の他にも和歌山県橋本市、山梨県南アルプス市、福岡県北九州市、英国スコットランドに学校があり、独自の教育の実践をされています。  

新着情報